9ヶ月ぶりのライヴまで

6月3日、夕食はイタリアンで。
ズッキーニのトマトソース・スパゲッティニ。ワインはミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュール・リー‘04・シャトー・ラ・タルシエール。このあいだのV.Vが美味かったせいか、少々酸がきつすぎる感じ。コクも今ひとつ。パスタは先日作ったトマトソースにズッキーニとパンチェッタを炒め合わせて。時期がきてズッキーニが手頃な値段になってきたのは嬉しいことだ。メインは豚ヒレ肉のレモンソースに茸とパプリカのソテーを添えて、シノン・ヴィエリー・スー・ボワ‘02。これも我が家では定番になりつつある、細長い洒落たボトルのロワールだ。本当は肉も子牛と行きたいところだが、なんせどこにも売ってないので、豚のヒレで代用することになる。

4日、昼から相方と2人で武蔵小山に食材を買いに行く。輸入食材店にて買い物し、駅前の「鳥勇」で高清水のワンカップを飲みつつ焼き鳥数本食う。ここはじゃんじゃん売れる店なのでいつも美味い。当然立ち飲みである。良い気分で店を出ると、相方が久しぶりにパチンコでもしたいというので、商店街のパチンコ屋へ。2人で7箱ほど、結構あっさり出たので、向かいの酒屋(良いワインが沢山ある)で普段はあまり買えないものを買うことにした。少し迷った末、シャトー・フィジャック‘96とジラルダンのコルトン・シャルルマーニュ’01を購入。実は焼き鳥屋に行く前に、ここでシャトーヌフの白の古酒(‘89)のハーフボトルを買っているので、パチンコしたのは店員にバレバレかもしれない。バジルを買って帰宅。で、夜はこのバジルと松の実を使ってジェノヴァ・ペーストを作る。大蒜とオリーヴオイル・塩少々を入れてミキサーにかけるだけ。出来たては美味いぜ。これはメインに使う。まずは白アスパラガスのカルボナーラ。昨日の残りのミュスカデで。1日置いたせいで少し柔らかくなっている。メインは比内地鶏の腿肉を焼いて、例のジェノヴァ・ペーストで頂く。昼間買ったシャトーヌフ・ドゥ・パプ・ブラン‘89・シャトー・モン・ルドンを飲んでみる。ぎりぎり限界の手前か、でもよく熟成されていて、安かったわりに楽しめる。

5日、渋谷でリハーサル3時間。ちょっと疲れる。帰ると相方が酒肴をいろいろと用意している。風呂に入ってビールを飲み、菊正宗の冷酒で鯛刺身、八幡巻き、オクラ刻み、ひじき、若布酢など。〆は鯛茶漬け。絶妙に美味い。

6日、このあいだ目黒で飲んだイタリアのシャルドネが美味かったので買ってみたファルネーゼ・シャルドネ‘03で、生ハムメロンの前菜。このワインも良く出来ている。1000円を切るぐらいなので、日常的に飲むには良いだろう。メインは手羽元を使ったコッコヴァン。となればブルゴーニュか、ということでオート・コート・ド・ニュイ・ルージュ‘02・ミシェル・グロ。やはりピノ・ノワールは美味い。2003年物は、猛暑のせいで出来が良く、しかも数が少ないらしく、値段がかなり上がっているらしいが、買いにくくなるのは困ったものだ。

7日、渋谷O-Nestにてライヴ。去年、入院していたときの、主治医、看護士の方々が来ていて結構しびれた。久しぶりに会う友人も来て、終了後「和民」で飲む。相変わらずここは異様に安い。

 

広告

ラズロ・コバクス について

吉村一博:Guitarist,Singer,Composer 80年代、札幌で音楽活動を開始。「retif a la nuit」、ソロなどで活動。 91年東京に移転。寺田町Group、TANKを経て2001年「Laszlo Kovacs」結成。 数度のメンバーチェンジを経て、現在に至る。 ラズロ・コバクス のすべての投稿を表示

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。